Category :

Archive :

  • Tシャツと私たち ウカスカジー

    2nd AL
    『Tシャツと私たち』
    ウカスカジー
    2016.07.13 Release

  • AMIGO ウカスカジー

    1st AL『AMIGO』
    ウカスカジー
    2014.06.11 Release

  • MIFA Football Park

    MIFA Football Park
    〒135-0061
    東京都江東区豊洲
    6-1-23
    Tel:03-6225-0793

  • MIFA Football Park 仙台

    MIFA Football Park 仙台
    〒981-3116
    宮城県仙台市泉区
    高玉町9-2
    三井不動産 SPORTS LINK CITY FUN-TE! 内

  • MIFARA official<br>online store

    MIFARA official
    online store

  • MIFA YOUTUBE CHANNEL

    MIFA YOUTUBE CHANNEL

  • MIFARA オフィシャル TWITTER
  • MIFARA オフィシャル FACEBOOKページ

2018.8.10

MIFA Football Park 4th anniversary party 〜MIFA 夏祭り〜ライブレポート


  MIFA Football Park 4th anniversary party 〜MIFA 夏祭り〜ライブ


MIFA Football Park 4周年のお祝いの1日

グランドでは「MIFA夏祭り」が行われる中、豊洲PITではスペシャルライブがスタートしました。


ウカスカジーの登場と共に、悲鳴にも似た大歓声が巻き起こりました。

R_0804_2124 (1)




お客さんを”コーラスアミーゴ”と呼びコーラスのメンバーとしているウカスカジーのライブ。

この日も一緒に4周年をお祝いしてくれているような、あたたかく大きな声援で迎えてくれました。




MIFA Football Parkや豊洲PITはウカスカジーのHOMEであります。

二人の強い想いも込め、1曲目は「My Home」


そしてロシアW杯前、サッカー日本代表国内最後の試合後の壮行セレモニーでも歌われた

「勝利の笑みを 君と」ブラスアレンジバージョン

R_G4A1611

ライブハウスが、スタジアムのごとく「WOW WOW」の力強い大合唱が響きます。

まるで試合開始のホイッスルがなったように、一気に会場のボルテージが上がりました。


R_G4A1706


熱狂するコーラスアミーゴの勢いに負けじとステージ上で

アクセル全開のパフォーマンスで応えました。

R_S9A0757


さらにパーティーチューン「縁 JOY AMIGO」で会場は序盤から一体感が生まれ最高な雰囲気になりました。

 

続いて未発表の新曲の中の1曲「敗戦の夜に」を披露

R_S9A0715

コーラスアミーゴも一言一句を聴き入るように曲を楽しんでいる光景が印象的でした。

R_G9C2165

続いて「手を出すな!」

GAKU-MCのこの日限りの歌詞アレンジで「豊洲MIFAで手をたたけ!それじゃみんな!ハイ!ハイ!ハイ!」

コーラスアミーゴの振り付けとコーラスで熱気がすでにライブ終盤のような盛り上がりに。


R_S9A0928



GAKU-MC「最高!キャプテン記念日やばいね。4回目の記念日!!これを記念して、Anniversary〜!」


R_G4A1748

「Anniversary」

MIFA Football Park4周年への想いと、パーティーに駆けつけてくれた

コーラスアミーゴへの感謝の想いをかみしめるように届けます。


R_G9C2126



続いて新曲の1曲「言葉」


「想ったことを言語化して言葉として伝えていこう」

というポジティブなメッセージが込められた曲で、会場は温かく、和やかな一体感に包まれていました。



【ハーフタイムショー】

GAKU-MC、桜井和寿のソロコーナー

1曲目は、GAKU-MC New Album「Rappuccino」から


「オー・オモテサンドウ」


「オー・シャンゼリゼ」のカバー曲で去年のキャンピングカーツアー中、天候の都合で足止め中、

動けなくなった車内で、バンドメンバーとのセッションでできた名曲。
 

R_DSF8649

続いて披露した曲は「昨日のNo,明日のYes」

「今年のキャンピングカーツアーでもファイナルでもやろうと思う曲をやります!」

というMCから盛り上がりスタート。

この曲はコーラスアミーゴの皆さんも振り付けも完璧で大合唱になっていました。

 

R_G4A1795

GAKU-MCソロコーナーラストの曲は「グッジョブ」

心にささる「グッジョブ」のMVと歌詞が歌い上げるGAKU-MCの後ろで流れる演出に、

コーラスアミーゴの方々が真剣な表情で曲をかみしめてる姿が印象的でした。


R_G9C2363

続いて


桜井和寿ソロコーナー

「GAKU-MC、グッジョブ!!」とともに登場。

1曲目は、しっとりと聴かせたいという言葉とともにSIONさんのカバーで

「がんばれ がんばれ」

R_S9A1253


サッカー日本代表を応援しているウカスカジー、だけどもっとも応援したい人は

会場に足を運んでくれる皆さん。というメッセージとともに


2曲目は中島みゆきさんの「ファイト!」


圧巻なパフォーマンスで、会場が固唾を呑みます。

ソロコーナーのラストの曲は、Mr.Children 「CANDY」を弾き語りで届けました。


R_DSF8833

続いて、先日電撃結婚をしました

MIFA公式キャラクター「ミファンダ」と仙台出身の笹かま屋さんご令嬢「ミソラ」が登場


会場からあたたかい拍手と声援をいただきました。


R_S9A1264

まるで結婚式会場のような雰囲気の中、祝福の想いを込めて「Celebration」を披露。

R_H5A1985

会場一体がお祝いムードになりました。

 

続いても新曲「HI-FIVE」

サッカーのスタジアムのように、音楽で見知らぬ人がハイタッチをするような文化になればいいな、

という想いで作った曲で、この日は会場がハイタッチをする素敵な光景が広がっていました。

 



そして遂に


シークレットゲスト登場



「MIFA Football Parkの会員さんを一人紹介しようかなと思って、僕らのサッカーのお友達です!」

という紹介で登場したのは、GLAY TERUさん。


会場は悲鳴のような驚きの声で今日一番の盛り上がりをみせました。

R_H5A2292

TERUさんを迎えての1曲目「HOWEVER」/w 桜井和寿

「このバージョンはなかなか聞けないよね。リハーサルで鳥肌がたった」とTERUさんもおっしゃるように、

奇跡のコラボレーション。


R_G9C3072

圧巻とはこのことだと思うくらい、会場全員が、興奮しながら聴き惚れていました。



R_G9C2899


続いて「疾走れ!ミライ」/ w GAKU-MC

TERUさんの曲にGAKU-MCがラップで参加させていただき、

ジャンルを超えた夢のコラボレーションが実現しました。

R_H5A2412

 

9月16日に行われる

ふくしまアカリトライブ&福島復興支援エキシビジョンマッチでも

この二人の共演が決定しています。


TERUさんとの3曲目は 「誘惑」/ w 桜井和寿


最後にTERUさんへ桜井和寿からのリクエスト曲。


R_H5A2546
まるで夢のような一瞬で通り過ぎた時間。


熱狂するコーラスアミーゴも大合唱し、二度とこないだろうこの共演を目に焼き付けていました。


R_S9A1719

フットボールというキーワードがなかったら、きっと生まれなかったコラボレーション。

改めてフットボールのコミュニケーション能力の高さを感じた瞬間でした。


続けて会場のざわめきがおさまらない中

「春の歌」

R_G4A1911

しっとりと、そしてじっくり聴かせるウカスカジーのナンバー。

ピンク色の光と大合唱で一気に、優しくて和やかな雰囲気になりました。



ラストチューンは「mi-chi」

R_G4A1927


楽曲の歌詞にある「生きてるって感じ。最高って感じ」が

まさに本日のステージを象徴するような感じで

コーラスアミーゴとの掛け合いの「ラララ」も最高潮に盛り上がりをみせていました。




【アンコール】

ミファンダ、ミソラ、そしてシークレットゲストTERUさんもステージへ


フットボールと音楽をこよなく愛するミュージシャン代表と言っても過言ではない


ウカスカジー × TERUさんで「勝利の笑みを 君と」の大合唱。

6月に開催されたロシアW杯の日本代表戦でロシアの空に響き渡った

日本サッカー協会公認サッカー日本代表応援ソングが、この日は豊洲に響き渡りました。

R_G4A1990

2018.8.4  MIFA Football Park 4th anniversary party 〜MIFA 夏祭り〜 ライブ完。



共に過ごしたコーラスアミーゴの皆さんの顔は最高でした。


R_S9A2454

コーラスアミーゴの皆さんお祝いに駆けつけてくださいまして

本当にありがとうございました。

また必ず笑顔で会えることを楽しみにしています。


MIFA

 

Photo by  樋口 涼、八木 竜馬

■MIFA夏祭りイベントレポートはこちら
http://mifa.co.jp/info/4458.html